スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設計からお見積りまで 業者一覧 

よく「設計からお見積もりまで」という言葉を耳にする。
住宅に限らず結構いろんなところで。建設業だけじゃないとも思う。

「設計からお見積もりまで」

この一言・・・ここまで大変だとは思わなかった。
とにかく一段落したので、今後、これまでの過程を随時更新する予定です。
今回は「お見積もり」を依頼する業者について。

まず簡単な流れの説明・・・
はじめに、こちらで設計案をまとめます(設計者がいればその人がまとめる)。その提案を各業者に説明し、「この案いくらで出来ますか。」と質問します。各業者には各々の領分があります。下にずらずらと書いているのがそれ。
すると、だいたい一週間以内に「~円で出来ます。」という返事が帰って来ます。その合計金額が予算をオーバーするなら設計変更。再度減額案の見積りを依頼します(ピンとキリ2通りの案を依頼したりもします)。その繰り返し。

そして設計案が実際の形になるまで、次のような業者が絡みます。
いまのところ15から16くらい(←改めて数を見ると若干ひきます)
この人達を相手に、いろいろと質問を飛ばしまくって、聞いて、考えて、、、を繰り返す。

ここでちょっとメモがてら、今回の出演者の紹介。

◇大工
これは我々の仕事。「吉川の鯰」が担当。主に木工事を行います。人数が必要だと思われるので応援を呼ぶことになりそう。
◇設備屋(ガス含む)
以前から一緒に仕事をしている「Eエンジニアリング」。給排水、エアコン、換気関係の工事を担当し、その他ガス屋を外注するので、そこまでを任せています。
◇電気屋
「S電気」。都内でも西側のときは大抵頼んでいます。電気配線工事と器具の取り付けを担当。照明器具は我々が発注することにしました。
◇塗装屋
「S塗装」。既存2階建のALCパネルの吹き付けが一番大きな仕事。そのほか塀などもあります。
◇クロス屋
「F表具店」。以前ブログにも登場した「S木材」の紹介で、今回が初めての依頼。内装を担当。ご近所さんです。
◇左官屋
「H左官」。不忍通り沿いの会社(ご近所)。今回は出番が少ないかもしれません。
◇建具屋
「T建具」。千駄木にある建具屋さん(ご近所)。明日には連絡せねば。
◇板金屋
「I板金」。既存の屋根の葺き替え、新築部分の屋根を担当。
◇防水屋
「S防水」。既存2階建の防水を担当。防水関係、結構ガタが来ていたのでこれで一安心。
◇建材関係
「A」。ユニットバス、水周り、サッシ、エアコン、照明器具などを安く入れてくれるので、頼んでいます。ネットなど自分たちで仕入れた方が安かったりもしますが。その辺りは手間との兼ね合いで調整。また、下請けで取り付け業者を送り出してくれます。次に示すガラス(サッシ)屋さんとALC専門業者はこの「A」の紹介。
◇ガラス屋
「Hガラス」。今回ALCパネルのサッシ取り換えのために呼んでもらいました。初顔合わせ。
◇ALC専門業者
同上。
◇解体屋
既存建物の解体を担当。今回3社を呼んでいて、各々の見積り比較します。
◇基礎屋
「D建設」新築の基礎、及び駐車場を担当。あと既存2階建ての塗装・防水・板金工事用に、足場の設置も頼みます。
◇植木屋
「U造園」。外構の庭を担当。この植木屋さん、まず衣装がカッコいい。
◇金属関係2社
「A工業」「M製作所」
各々ありますが、金属屋根、屋根の樋、デッキの手すりなどなど。
◇畳屋
「K商店」。畳の張り替えです。この畳屋さんも近所にあります(上野桜木)。

といった具合。
こうして書いているうちにも、最初の宣言(15,16)から1,2社増えてます。
こんなの本当にまとまるのか(なにせ初めてなのでよく分かりません)。
この1つの現場に、いったい何人の人間が関わっているのかと思うと、正直気分悪くなります。今回ぜひ数えてみたいと思います。親方だけでなく下職・弟子関係全てあわせて。

明日以降は、業者ごとの作業内容と打ち合わせの結果など(設計を含め)をアップします。今回の現場記録にもなるので。

そう考えると、これ結構貴重な資料なんじゃないかと思います。
たとえば、現場の進行にフォーカスする文章(雑誌・ブログなど)はよくあるけれど(前回のS邸などもそう)、設計と業者打ち合わせ、見積りなんかをテーマにまとめるのは、なかなか珍しいんじゃないかと・・・一見の価値あり。
もちろん具体的な金額は言いませんが(「高かっ」とかは言います)。

そういえばまだ隠れていました。
施工とは関係ありませんが設計関係で。
構造設計屋さんと建築確認申請の業者(今回は民間)。

いやいや。まっだまっだ隠れているかも。

いるなら出てこーい。

スポンサーサイト

世田谷区役所 

H邸の増改築。
いろいろと基準法のことなどを相談するため役所を訪れました。
世田谷区にある住宅なので、もちろん世田谷区役所。

0219-1.gif


設計は前川國男。
区役所の他に区民会館、区議会などがあり、すべてRCの打放しです。


0219-7.gif


0219-3.gif


0219-4.gif


かなり迫力があります。

0219-6.gif

区民会館、階段ホールも。。。かっこいい。

0219-5.gif


「美しいものこそ機能的である。」と丹下健三。
さらに丹下・・・「美しい階段こそ上る価値がある。」みたいなことを言ってたよ、と誰かが言ってた。
そんなことも思い出した。

建築基準法や確認申請などに関するアップはまた後日にします。

図面作成 そして施工のイメージ 

代沢のH邸。
少しずつ進んでいます。
ここ2週間、図面を描いていました。
平面図と展開図。
平面図というのは、簡単にいえば建物(室内・外)を上から見た図のことです。間取り図を詳細にしたようなもの。

■展開図とは■

展開図とは、家の内側の壁面を、東西南北の各々の方向から見た立面図のことです。(詳細はウィキで
たとえばこんな感じに並びます↓

0216-1.gif

この感じ、少しでも茶室の勉強をしていた人ならピンと来ますが、起こし絵図と同じです。これによって建物内部の意匠的な解釈は、ある程度できます。(起こし絵図を組み立てた様子。がんばっています。トップページ左側「茶室あれこれ」をどうぞ。)
あるいは施工側にとってみれば、おそらく高さ関係の詳細が理解できるのだと思います。設備関係の位置とか、作り付けの棚とか。

■設計するにあたり、じつは施工のことを考えている■

今回は展開図を描きながら、設計を進めていきました。(もちろん意匠的なスケッチも描きつつ。)
そこで特にポイントとなるのが隅の部分。つまり、壁と壁とがぶつかる部分です。
なぜか・・・

いろんなものがやって来るからです。
壁、まわり縁、窓の枠、、、、ときによっては棚、カーテンボックスなど
展開図(断面図を兼ねる)と平面図を見ても、その部分がどうなっているか、訳が分からないときがよくあります。
こんなのを描いたりしています↓

0216-2.gif

このスケッチ、スケールはめちゃくちゃです。形もめちゃです。

しかし、次に示すような役割があります。

部材がピッタリと合うところ、合わない・合わせない(合わすのが難しいから)ところ。
空(す)くべきところ、くっつくべきところ。
部材に溝をつくのかつかないのか。
ビスをどの方向に、何に対してうつのか。
どの部材を最初に組むべきなのか。
などを知る。

まがいなりに、そんなことをラフに考えながら、こんなスケッチを描いています。

■施工できるものを設計すること■

なぜかというと、後で仕打ちをされるのは私たちだからです。
「たぶん作れるだろう」と思っていたのが無理だった→変更、というのは結構あります。一年ぐらい現場に出て、結構見ました。
それは避けたいです。もちろん見た目もおかしくなりますが(しかしそのような見た目の不具合は誰も気にしません。)、むしろなんとなく悲しいからです。
そしてそういう事件が起こる場所というのが、特にこういった、いろんな部材が集中するところです。
なので、怪しいなと思ったらすぐに描きます。変なスケッチ。
少しでも、分かる範囲で施工手順なども考えて。

いまとくに、こういうこと(↑)に設計の面白味を感じてしまいます。
怪しいところを嗅ぎつけては上手く片づける。収める・調停する。
もし片づけられなければ、全体にたいして変更を加えたりもする。

難しいが。

間仕切建具セット 01 

ひきつづいて設計をしています。

0122.gif


写真右から・・・
木製建具デザイン図鑑
H邸の図面

手前から・・・
JA 特集モダン住宅
日本座敷の工法
絵で見る工匠辞典
エース建築金物総合カタログ
ピンチブロック製品
スガツネ工業総合カタログ
スケッチブック
パソコン
お菓子
模型

ズラッと。

昨日今日と間仕切建具について思索。
そして、その建具にまつわる様々なことに、建具・敷居・鴨居・戸袋・柱・欄間・収納棚・壁・天井・電気配線、等があって。
この辺りの諸々が、建具よりもうひとつ上位のセット(C・アレグザンダー風に)を構成しているわけです。いまは、その辺の形やら寸法などを決めていくことになります。

じゃあ何が決め手なのか、ということで↓

・まずは、つくりたい形。
寸法、見え(細くしたい、厚くしたい)、部材の取り合い、など。

・つぎに、既存の状態。

・ほかに、一般的なこと。
最低の高さはいくつか、とか。一般的なプロポーションはどうか、とか。

・ほかに、構造的なこと。
もつのか、とか。反らないのか、とか。

上二つ、この辺りは資料を見ながら。

・ほかに、金物のこと。
金物といえば、鍵とか取手とか、丁番などがありますが。
もちろん、それら金物が収まる寸法でないといけません。ひとつの決め手。
金物に関してはいろいろあって。
昨日今日と、幾つか不思議な言葉と向き合っていました。

フランス落とし
ステー
ピンチブロック(金物ではないにせよ)
ホイトコ

などなど。
この辺りもネットで検索。あるいは手持ちの(事務所にある)カタログで検索。
とりあえず下のメーカー。速効でブックマーク入りを果たしました。

スガツネ
エース
ベスト
アトム
ホリ

以上。

スタディ模型つくる 

今日は模型づくり。
三・四年ぶりくらいに、真剣にスチレンボードと向き合いました。
大体こういうことは、慣れの問題なので、久々にやると手順にてまどいます。

CADも同じ。
昨日はショートカットの確認と設定にかなりの時間を費やしていました。

とにかくこういうもの↓ができて・・・。

0118-1.gif

右の大きな建物が既存の鉄骨ALC。
左奥の駐車場と小さな離れが今回の新規。
ひとの目線だと↓

0118-2.gif

Scale 1/50のスタディ模型でした。

明日はお施主さんに報告の日。
主な仕事は記録係となるでしょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。