スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャネル モバイルアート 

16-1.jpg


16-2.jpg


16-3.jpg


代々木体育館の脇に突如現れたこの物体は、仮設の一時的な美術館。
だからモバイルアート。もちろん基礎なんてのはありません。
ザハ・ハディド設計だそう。

なかでは色々と興味深い展示。
玄関でヘッドホンを装着して「サア、アルイテクダサイ。」「「カイダンヲノボッテクダサイ。」などのアナウンスにあわせて展示を見ていく構成に。
だから基本的には、観賞する時間やタイミング、位置など、かなり強要されます。
でもこういう仕組み、もっと楽しめるかもと思いながら、ふらふらとみんなが進む方へと言われるがままに行くわけです。だいたい20分ほど。
展示と建物が上手く噛み合ないところもあったけれど、施設自体の回遊の感じは結構よくて、最後のトップライトの場所などはとてもいい雰囲気でした。
展示の写真が撮れないのが残念。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。