FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランバーコア 

とうとう今日から家具づくりはじまる。
これから一週間ちょっとで、作り付けの収納棚を数多く設置する予定。

今日は材料について。
今回、棚の板材を担うのはシナランバーコアという合板。
この板材たち。ずいぶん前から現場に我が物顔で居座っていたけど、とうとう今日から徐々に棚に加工されることに↓

1105-1.gif

ランバーコアにはその名の通りコアー(核)がいます。
コアー。。。つまり芯材。
ランバーコアは、その芯材を両サイドからサンドイッチすることによって構成されています(写真左下)。詳しい説明はここ
そして棚などをつくった時には、オオテテープやら小口テープやらと呼ばれるテープ(写真右下)を小口に貼ります。

1105-2.gif

そうすれば小口の断面に見える芯材を隠すことができるというわけです↓

1105-3.gif

でもランバーコアの特徴は、実はそんなことではなくて。。。もっと大事なのは、
加工の時に削り出た粉が、あまりにひどすぎること。

粉でくしゃみが止まらなくなります。
危険です。
今日の午後は、Mさんと二人でくしゃみばかりをしていました。
本当に危険です。
一般のベニヤ合板とは比べ物になりません。
たぶん芯材同士をくっつけるボンドのせいだと思います。
Mさんは100円均一のマスクをしていましたが、くしゃみと鼻水が止まりませんでした。
あした本格的な防塵用のマスクを買うことにします。

この他にも建築材料には怪しいのがいっぱいあります。
ちなみに、怪しい材料トップ10には、体がちくちくする材料が4つほど入ります。
そのうち登場することでしょう。

いまのところランバーコアもトップ10に入っています。
この粉は、決して30年間も吸い続けたくはありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hsihp.blog122.fc2.com/tb.php/27-7912569b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。