FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄の骨 

鉄骨がきました。鉄の骨。

鉄骨といっても、家の骨組みではありません。
階段の骨組みです。
家の外を一階から二階、二階から屋上へとあがる鉄骨階段。

1130-1.gif

1130-2.gif

ちなみに、真っ赤な色はこのままではなくて、あとで灰色の塗装がのります。
そんで。この三角形の上に、ウリンという木の段板が付きます↓
板をのせて、穴の下からビスでもむ(ビスで固定することを、よく「もむ」といいます)。
その辺りは、また後ほど。

1130-3.gif

さて。
この階段。
もちろん、どこかの工場で加工されたものが持ち運ばれてくるわけです。でっかいトラックで。
こういった場合、はたして寸法はきちんと合うのか。。という部分がおもしろいところ。(鉄骨屋さんは一度現場に来て採寸はしていますが。)

で、次、ここに注目。階段の上、のぼりきった部分はこんな感じ↓
壁にとりついています。

1130-4.gif

もっと近寄ると↓

1130-5.gif

向こう正面、ふたつのボルトの接合部に注目。
よく見てみると、穴がすこし横長に加工されています。
これで、現場加工の際に寸法の誤差がでても、横方向にズラすことができるわけですね。
これを「クリアランス」というのかな。日本語では「逃げ」か。
横方向の位置はこれで「逃げ」られるわけです。

縦方向に関しては、見えないところにパッキンでも挟むのかなあ。
ちょっと分からず。

さあ。そして。もろもろの位置を決定して、最後は現場溶接↓

1130-6.gif

下側の板と斜めのH型鋼を・・・ジジジジジジジッ・・・と溶接。

普段はほとんど木とかボードにしか触れてないから、鉄に舞い上がってしまって。
いつもより写真が大量に。
いや。鉄は鉄ですごいもんだ。

以上。
次回は塗装。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hsihp.blog122.fc2.com/tb.php/46-5f9edb62
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。