スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世田谷区役所 

H邸の増改築。
いろいろと基準法のことなどを相談するため役所を訪れました。
世田谷区にある住宅なので、もちろん世田谷区役所。

0219-1.gif


設計は前川國男。
区役所の他に区民会館、区議会などがあり、すべてRCの打放しです。


0219-7.gif


0219-3.gif


0219-4.gif


かなり迫力があります。

0219-6.gif

区民会館、階段ホールも。。。かっこいい。

0219-5.gif


「美しいものこそ機能的である。」と丹下健三。
さらに丹下・・・「美しい階段こそ上る価値がある。」みたいなことを言ってたよ、と誰かが言ってた。
そんなことも思い出した。

建築基準法や確認申請などに関するアップはまた後日にします。
スポンサーサイト

コメント

来たので足跡替わりにコメントでも。
東京文化会館然り、前川國男の打放しコンクリートには、(僕にとって)絶妙なマスのボリューム感と型枠の杉板の肌がなんともいえない感動を。この時代に杉板の打放しコンクリートかぁ。。。と職人が竹竿を振り回している姿を想像してしばし立ち止まったことアリ。ぜひ長らく使いつづけてほしいものやけど、躯体がそのまま仕上げやから、元々の魅力を生かしながらの改修は結構難しいんやろうねぇ。(天井・壁を剥がして仕上げを替え、設備を更新するだけで一定の魅力が出る類ではないという意味で)
明治生命館のようにまず外壁のクリーニングでもしたら世論も保存の方向に向かってって。。。とうまく煽動していく人、求む。

まるで自身のブログを更新するかのように

足跡を残していってくれたOSAさん。コメントありがとうございます。公共建築の保存なんて御社ではやってそうと思うけれど。。。どんどん偉くなって、こういった文化施設、いっぱい残していってくださいませ。
そういえば前川國男設計の都美術館、前川設計事務所で改修の設計やっていると聞いてますよ。楽しみにしましょう。

そうやな。そういう道もありかも。
未だ自分探し中。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hsihp.blog122.fc2.com/tb.php/75-55075f65
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。