スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人で団地に乗り込む 

わけあって一人で現場。ちょっと前からやっている団地。

朝、和室の天井下地をやるようにと指示。
さあさあ。というわけで↓

0408-1.gif

イーニッサン(下地材)あと2本流すだけだったのに、時間切れであえなく終了。
なんにせよ、一から作るわけではなく、色々と手間どってしまう。

はて。。。一からではない?
というのも、こういった改装仕事の減額案として、天井・床・壁などを解体せずに直接仕上げていくという方法がよくある。解体費と下地材費・手間代などを抑えられ、結構な減額となるから。
けれど当然、天井は少し下がり(今回は40mmほど)、床は少しあがる(今回は15mm)。
本当は一から作りたいが、あくまで減額案として。

というわけで。もう一度写真をご覧頂いて分かるように、昔あった和室の天井のその上に被せるように、下地をじかに貼っている。

しかししかし。この昔の天井というのが、けっこうな厄介者。
レベルがばらばら。。当然といえば当然。
そして今日の工事は、このばらばらと常に戦いながら、たんたんと進むのでした。
こんな感じで。
手順1:壁面4面にレベルのあった墨を出す。
手順2:天井のなかで一番低い場所を探す。
手順3:その場所を天井の基準とし、その高さの墨を4面にうつす。
手順4:あとは水糸などを使って「通り」を見て、パッキンをかませて真直ぐはっていく。

0408-2.gif

(イーニッサン下地と昔の天井との間にはパッキンがみえる)


こうみると、天井とは曲っているものだ、というのがよく分かる。
それにしても去年の夏に一度、一人でやっていて良かった。
思い出してみれば、このときは質問しまくり、手が止まりまくりだった→ピアノ教室の事務室参照。

でも終わらなかったのがくやし。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hsihp.blog122.fc2.com/tb.php/83-beed02ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。