FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枠とりつけ 

今日は、昨日取付けたサッシに化粧枠を設置。昨日が家の外側の仕事とすると、今日は内側ですね。
完成はコチラ↓壁よりやや手前に出っ張った四方枠。それにしてもやっぱり杉はきれい。

1017-1.gif

枠は、鴨居・敷居・方立て(×2)という部材から構成されている。手順としては、それらをまずいったん組み立てて、四方の枠にしてから、窓辺に運んで壁に取付けることに。
各々の部材がくっつく四隅は、左下写真のようになっていて、このくっつけ方を普通トメ(漢字分かりません)って呼んでます。
この枠材45度カットは右下写真に写るスペシャルな道具、スライドまるのこが担当。さらに二つの材料にビスを打ち、お互いを引張ってピタッとくっつけるわけです。

1017-2.gif

スライドとビス、、、それでも上手くいかないときはあるのですね。たまには斜めの線が透いちゃうこともある。とくに杉は色が白いので、部分的に透いてると奥の影が黒くて目立ってしまうのです。
そんでやっぱり今回も、ひとつやふたつありました。
けれども・・・午前中に透いているなあと思っていたらビックリ、五時に見てみるとぴたっとくっついていた。ほほー。

取付けていたMさん(30年以上のベテラン大工さん。)に「どうやったんすか?」と聞いてみた。
するとMさん、にやっと笑って「××を××でつけたんだよ」っと。

おーなるほど。確かに。
全然目立たなかったですよ。ホント。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hsihp.blog122.fc2.com/tb.php/9-8de299b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。