スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大・東京芸大・東工大 三大学合同の卒業設計講評会へ 

もう社会人になって一年が経とうとしていたのに、大学の卒業設計の講評会へ行った。東京大学、東京藝術大学、東京工業大学のそれぞれの秀作がそろう合同の講評会。日本の大学の建築学科、トップの集いみたいなもので、合計12案が出展。(建築学科に詳しくない人へ:建築学科では、学生が設計した案を先生達(実際の建築家含む)に講評してもらうことがしばしばあります。実は設計案よりも、そこでのやり取りが結構面白かったりします。)
印象に残ったことをみっつ。メモとして。

■模型の質の高さ■
講評会の最後に、近くで模型を拝見し、そのすさまじさにただ驚き。各々の計画案に対する印象はほとんどなくなってしまった。
とにかく模型の精度が異様だ。東京の大学では一般的なのだろうか。その大きさや細かさにも驚いたけれど(細かさトップは小学校の案)、精度が抜群である。とくに異形の集合住宅の案(東工大?ほとんど注目されていなかった案だった)。ずば抜けていた。壁をトメで収めて、まったくの隙間がなかった。その精度のディテールが延々と繰り返し。繰り返し。。。
作らされた後輩たち(卒業設計のような大きな計画の場合、基本的に模型製作は後輩に任せます。)は、おそらく良い意味でキチガイなのだと思う。自分の案でもないのに。手伝いの鏡です。
あるいは。。。この案(他の11案も含め)のまとめ役(設計者本人?)は、近い将来一流の施工者になるだろう(自分も三年前に卒業設計を終えて、模型の上手さや質の高さは、ほとんどがその指示系統に依存すると痛感したのでした)。たぶんならないが、本当になるとしたら面白そうだ。

■講評陣について(有名建築家が数名、哲学者一名)■
建築家鈴木了二がステージ壇上からジャンプして飛び降りたときは、観客一同目を疑ったんじゃないだろうか。講評会のなかで一番年長、しかし最も若くいきいきとした発言の持ち主。会場全体が魅了されていたのだと思う。ちなみに建築の分野外から東浩紀(哲学者?)という人が来ていて、際どい発言を連発(詳細は下記に)。
じゃあ他の講評者はどうか。発表した学生からすれば「大学の講評会でも同じこと言われたな。」という印象だったと思う。とにかく批判が多かった。おそらく学生自身は建築家に「私ならこうするよ。」と言ってほしかったはず(過去の自分の経験上)。案を批判されるのは大学各々の講評会で懲り懲りなんですよ。

■最後に。社会人として行ってみて■
さて、つづき。
じゃあ東浩紀が何を言ったのか。今思い出すと次の言葉がとても新鮮だった。「この案ですが。建築学科の中では通呈しているのかどうか知らないけれど・・・。いいんでしょうか。」(確かこんな内容だった)
さて「この案」とはなにか。この場合それは、建築物として構造的には成立しないもの・事業計画がないもの(その計画に対して誰が金を払うのかなど)・居住環境が悪質なもの・・・のことを指している。基本的に、設計者のコンセプトが極端すぎると、こういう案に陥ることが多い。
経験からいえば、学生はこういうとき「そんなこと知るか。」「なにをまじめなこと言ってんの。このおっさん。」などと考える。しかし建築学科に関わりのない人(ここまでブログを読んできたとすれば・・・)にとっては「そんなものなのか。建築学科って」「実際に建たないからって。それでいいのか?」という印象を受けるはず。実際私自身も今回そう思った。
おそらくあの講評会における東浩紀の言葉(「建築学科では通呈している」裏を返せば「それは一般的には通用しないのでは。」)は、現在の建築学科教育(設計・計画・意匠などの中で特にあやふやした分野。実質的研究は含まない。)に対するひとつの正当な批評だったのだと思う。

結局、実際の講評会のまとめもそんな内容だった。
設計者(学生)の自己にある内発的動機(製作意欲・実際には成立し得ない理想)と、構造的(敷地形状や実体的構造など)あるいは社会的(法律・用途など)な制度や制限からくる外発的抑制との関係(対立・共存)を、どやって上手く処理するのか、あるいはどちら側から設計行為をするのか、みたいな話。←かなり怪しいまとめだと思う。昔から(近代でも)言われてきたことで分かりやすいけど。本当にそうだろうか。
次回コラムへ続く。

扉なおし 

この前の週末。
扉をなおしに行ってきました。

0227.gif


友人W氏宅の開き戸。
建具と敷居がぶつかって、閉めるたびにこすれます。
よーく見てると。
なにやら、建具が若干傾いている様子です。
いろいろと考えて、アドバイスとかをもらって、やるべきことを二つに決定。

1.吊り元(枠)の、上と真中の丁番の溝を深くする。
→建具の傾きを戻すことができます。上を2ミリほど、真中を1ミリほど、鑿で削りました。
2.建具の下端を削る。
→建具と敷居との間に隙間をつくることができます。

そんな感じで完成。
一応、敷居をひきずることなく閉まります。

ちなみに手間賃は、ビールとカレーライス。それもベタベタの。
別に、ルーがべっとりしてるとかじゃなく、べたなカレー。
牛肉にたまねぎ、じゃがいも、にんじん、ハウスバーモント。

ごちそうさまでした。

世田谷区役所 

H邸の増改築。
いろいろと基準法のことなどを相談するため役所を訪れました。
世田谷区にある住宅なので、もちろん世田谷区役所。

0219-1.gif


設計は前川國男。
区役所の他に区民会館、区議会などがあり、すべてRCの打放しです。


0219-7.gif


0219-3.gif


0219-4.gif


かなり迫力があります。

0219-6.gif

区民会館、階段ホールも。。。かっこいい。

0219-5.gif


「美しいものこそ機能的である。」と丹下健三。
さらに丹下・・・「美しい階段こそ上る価値がある。」みたいなことを言ってたよ、と誰かが言ってた。
そんなことも思い出した。

建築基準法や確認申請などに関するアップはまた後日にします。

図面作成 そして施工のイメージ 

代沢のH邸。
少しずつ進んでいます。
ここ2週間、図面を描いていました。
平面図と展開図。
平面図というのは、簡単にいえば建物(室内・外)を上から見た図のことです。間取り図を詳細にしたようなもの。

■展開図とは■

展開図とは、家の内側の壁面を、東西南北の各々の方向から見た立面図のことです。(詳細はウィキで
たとえばこんな感じに並びます↓

0216-1.gif

この感じ、少しでも茶室の勉強をしていた人ならピンと来ますが、起こし絵図と同じです。これによって建物内部の意匠的な解釈は、ある程度できます。(起こし絵図を組み立てた様子。がんばっています。トップページ左側「茶室あれこれ」をどうぞ。)
あるいは施工側にとってみれば、おそらく高さ関係の詳細が理解できるのだと思います。設備関係の位置とか、作り付けの棚とか。

■設計するにあたり、じつは施工のことを考えている■

今回は展開図を描きながら、設計を進めていきました。(もちろん意匠的なスケッチも描きつつ。)
そこで特にポイントとなるのが隅の部分。つまり、壁と壁とがぶつかる部分です。
なぜか・・・

いろんなものがやって来るからです。
壁、まわり縁、窓の枠、、、、ときによっては棚、カーテンボックスなど
展開図(断面図を兼ねる)と平面図を見ても、その部分がどうなっているか、訳が分からないときがよくあります。
こんなのを描いたりしています↓

0216-2.gif

このスケッチ、スケールはめちゃくちゃです。形もめちゃです。

しかし、次に示すような役割があります。

部材がピッタリと合うところ、合わない・合わせない(合わすのが難しいから)ところ。
空(す)くべきところ、くっつくべきところ。
部材に溝をつくのかつかないのか。
ビスをどの方向に、何に対してうつのか。
どの部材を最初に組むべきなのか。
などを知る。

まがいなりに、そんなことをラフに考えながら、こんなスケッチを描いています。

■施工できるものを設計すること■

なぜかというと、後で仕打ちをされるのは私たちだからです。
「たぶん作れるだろう」と思っていたのが無理だった→変更、というのは結構あります。一年ぐらい現場に出て、結構見ました。
それは避けたいです。もちろん見た目もおかしくなりますが(しかしそのような見た目の不具合は誰も気にしません。)、むしろなんとなく悲しいからです。
そしてそういう事件が起こる場所というのが、特にこういった、いろんな部材が集中するところです。
なので、怪しいなと思ったらすぐに描きます。変なスケッチ。
少しでも、分かる範囲で施工手順なども考えて。

いまとくに、こういうこと(↑)に設計の面白味を感じてしまいます。
怪しいところを嗅ぎつけては上手く片づける。収める・調停する。
もし片づけられなければ、全体にたいして変更を加えたりもする。

難しいが。

木の伐採 in 福島(その2) 

さて、前々回アップした伐採見学。
動画をアップできたのでお送りします。
インターネットって凄いなあと感心しつつも、これは多いに活用せねばと思いました。

ひとつめは、創屋さんの水楢。
森から一本の木が無くなると、まわりの風景までが変容したかのように思います。





ふたつめは、橋垣さんの赤松。
4カット分あります。説明します。

カット1:伐採。
現場ではドドーンと地響きのような音。
カット2:移動。
伐採された赤松が川の上に落ちたので移動します。ずずーっと。
カット3:切断。
断面にクサレが見つかったので、根元から2メートルのところで切断(前回参照)。そして切断した結果、クサレが消えていたので「オーッ」という歓声があがります。良かったですね。とてもきれいな断面でした。
カット4:また移動。
崖の上側へと移動します。



以上2シーンでした。
現場の雰囲気が少しでも伝わったかもしれません。
ナイス YouTube!

ところで余談。
なぜみんながこうして立ち木なんかを買っているかというと。
もちろん面白いということもありますが、なんにしろ安いんですね。
たとえばここで切っている水楢も赤松も6,7万円で購入できるわけです。

・・・

今、おおっと思いましたね。

でもここから乾燥させたり、製材したりして少しずつお金がかかります。
年月もかかります。移動などの諸経費もかかります。
まあ、そのあたりを差し引いても、都内で購入するよりはずーっと安いですが。

他にも利点があって、、、
長めの材料や太めの材料などを確保することができます。
つまり一般に市場に流通していない形状の材木を保持できると。
ということは、そういった特注単位の材が、より一層割安に手に入るわけですね。(流通していない材木は割高だから。)

現行の木材流通システムさえをも脅かす「立ち木買い」。
そのうち。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。